油圧トンネル ライニング トロリー

簡単な説明:

当社が設計・開発した油圧トンネルライニングトロリーは、鉄道や高速道路トンネルの型枠ライニングに最適なシステムです。


製品の詳細

製品詳細

当社が設計・開発した油圧トンネルライニングトロリーは、鉄道や高速道路トンネルの型枠ライニングに最適なシステムです。電気モーターによって駆動され、油圧シリンダーとスクリュージャッキを使用して型枠の位置決めと回収を行い、それ自体で移動および歩行することができます。トロリーには、低コスト、信頼性の高い構造、便利な操作、速いライニング速度、良好なトンネル表面など、操作上の多くの利点があります。

トロリーは一般にスチール アーチ型として設計され、標準的な組み合わせスチール テンプレートを使用し、自動歩行はなく、外部動力を使用してドラッグし、取り外しテンプレートはすべて手動で操作され、労働集約的です。このタイプのライニング トロリーは、一般に短いトンネルの建設に使用されます。特に、複雑な平面と空間の形状、頻繁なプロセス変換、および厳格なプロセス要件を伴うトンネル コンクリート ライニング建設に使用されます。その利点はより明白です。第 2 トンネルの鉄筋コンクリート ライニングは、これらの問題をうまく解決するシンプルなアーチ フレーム デザインを採用すると同時に、エンジニアリング コストを低く抑えることができます。簡易台車の多くは人造コンクリート打設を採用しており、簡易覆工台車はコンクリート搬送用ポンプ車で充填するため、台車の剛性を特に強化する必要があります。一部の単純な内張りトロリーも一体型スチール型枠を使用していますが、それでもねじ付きロッドを使用しており、自動的には動きません。このタイプのトロリーは、一般的にコンクリート配送ポンプ車でいっぱいです。単純な内張り台車は、一般に組み合わせ鋼製型枠を使用します。複合鋼製型枠は、一般に薄板でできています。

設計プロセスでは鋼製型枠の剛性を考慮する必要があるため、鋼製アーチ間の間隔が大きすぎないようにする必要があります。鋼製型枠の長さが 1.5m の場合、鋼製アーチ間の平均間隔は 0.75m を超えてはならず、型枠ファスナーの取り付けを容易にするために、鋼製型枠の縦方向のジョイントをプッシュとプッシュの間に設定する必要があります。そして型枠フック。注入にポンプを使用する場合、注入速度は速すぎてはなりません。そうしないと、複合鋼の型枠が変形します。特にライニングの厚さが 500mm を超える場合は、注入速度を遅くする必要があります。ふたをするとき、注ぐときは注意してください。コンクリートの流し込みには常に注意を払い、充填後の流し込みをしないと、金型の破裂や台車の変形の原因となります。

油圧トンネル覆工台車の構造図

技術パラメータ

01.仕様:6~12.5m

02.最大ライニング長さ:L=12m(お客様に合わせて調整可能)1台あたり

03.最大通行能力:(高さ×幅)同時に車に影響を与えない構造

04.クロール能力:4%

05. 歩行速度: 8m/分

06.総出力: 22.5KW 走行モーター 7.5KW*2=15KWオイルポンプモーター 7.5KW

07.油圧システムの圧力:Pmqx=16Mpa

08.型枠の片側モジュラス除去:Amin=150

09.水平シリンダーの左右調整:Bmax=100mm

10.リフティングシリンダー:300mm

11.シリンダーの最大ストローク:横シリンダー300mm

12.水平シリンダー:250mm

プロジェクトの申請

4
1
2
3

  • 前:
  • 次:

  • ここにあなたのメッセージを書いて、私たちに送ってください

    製品カテゴリ